事業活用例

ドローンが日本の農林水産業を飛躍的に活性化させます。

人力の数十倍のスピードで農薬散布

日本の農業・水産業の分野は現在、大きな課題を抱えています。
人口不足による働き手の減少、高齢化する担い手に重くのしかかる 重労働・長時間労働や機材・薬剤の費用負担。
人々の生活基盤をさせる産業なだけに、これらの課題を早急に解決することが望まれています。
労働人口の減っていくこれからの日本において、第一次産業の活性化は無くてはならないものといえるでしょう。

日本の労働人口は今後1年おきに60万人減少していくと予測

農業機器の費用負担:例えばトラクターなら1台:約1000万円

急ぎ対策が必要です。

ドローンの活躍が期待される場面

  • 広大な土地の農作物管理も少ない人員で

  • 陸上だけでなく海上の魚群探査も

  • 過疎化が進む地方での人手不足解消

  • 害獣の調査から駆除まで可能

ドローンスクール.netではこんな技術が学べます

実際の農薬散布用ドローンを使って受講

実際の農薬散布用ドローンを使って受講

このコースでは、農業用に特化された専用ドローンを使って講習が受けられます。
農業用ドローンの構造から、小型~大型ドローンの実技講習にいたるまで、インストラクターが丁寧にレクチャーするから、農薬散布ドローンに関する疑問点や不明点を解決することができ、農薬散布ドローンを取り巻く状況だけでなく、実際に導入するまでの流れを、正しく理解することができます。

わずか10分で1ヘクタールに農薬散布できる、今注目の農薬散布ドローンDJI AGRAS MG-1(アグラスエムジーワン)の全貌を知ることができ、受講完了後すぐに役立つスキルが身につきます。

農地での実地訓練でスキルを磨く

農地での実地訓練でスキルを磨く

実際の農地での実地訓練、害獣や害鳥の対策、調査などについても細かく講習を行います。
「テキストで読んだだけでスキルが伴わない」といった学習ではなく、農業の現場で実際にに活かせる技術を習得しましょう。

おすすめのコースSMART AGRICULTURE COURSEスマート農業コース

ドローンの構造から、農地での実技にいたるまで学べるコースです。
今注目の農薬散布ドローンDJI AGRAS MG-1 を実際に使い、
経験豊富な講師が、実践的な技術をレクチャーします。

コース詳細
コース・料金を見る
体験レッスン・無料事業セミナー 申し込み

スクール数・飛行場数・スクール規模 国内ドローンスクールで2017年度顧客満足度No.1

体験レッスン・無料事業セミナー 申し込み
お近くのスクールをご紹介します! お電話でのお問合せ 0120-106-008 営業時間:10:00~19:00 土日祝祭日除く