事業活用例

危険な災害現場で人を見守る新たな力に。

自然災害時の状況確認

災害・天災・事故等の危険な現場では、人員や安全性の確保から思ったような救助活動ができず、新たな救助方法の模索が続いています。
近年ではロボットによる救助技術の開発が話題をよんでいますが、その中でも特に注目度が高く、いち早く実用化されはじめているのが、ドローンによる救助作業といえるかもしれません。
ビジネスとしてだけでなく、ボランティア活動として、ドローンの操縦技術を高めたいと考える人が増えています。

事故・災害の被害対策が急務

地震・豪雨など災害に備える

新しい解決策として、ドローンが注目されています。

ドローンの活躍が期待される場面

  • 災害現場・事故現場の状況確認

  • 被災者への物資救援

  • 海・山岳・火山など危険地帯での救助

  • 行方不明者の捜索

ドローンスクール.netではこんな技術が学べます

どんな現場でも対応できる操作技術

どんな現場でも対応できる操作技術

これまでの災害現場や人命救助の現場ではヘリコプターが使われてきましたが、近年では災害の現場で、ドローンの活躍が注目されています。災害現場は危険で過酷な環境であることも多いため、より精密な操縦スキルが必要とされます。
スクールでは、産業用・中~大型ドローンの操縦の技術に磨きをかけたい方のための上級プログラムも用意しており、エリート操縦士として特別な現場でも活躍するためのプログラムでより高度な撮影技術を習得できます。

警察・消防・自治体と連携 スカイボランティア隊員

警察・消防・自治体と連携 スカイボランティア隊員

上級プログラムを終え高度な認定資格を手にしたら、どこのマーケットでも活躍できる真の操縦士です。是非、スカイボランティアに参加しましょう。
警察・消防・自治体と連携し、行方不明、災害などの救助支援、被害調査に協力できます。
普段はビジネスでドローンを活用し、非常時にはその技能を社会に役立てることができる、やりがいをもった日々がおくれます。

おすすめのコースBUSINESS PRO COURSEビジネス・プロコース

産業用・中~大型ドローンの操縦技術に磨きをかけたい方のためのコース
普段はエリート操縦士としてビジネスシーンで活躍し、有事の際は災害対策支援や復興支援などで社会に貢献されたい方向けの、究極の実技プログラムです。

コース詳細
コース・料金を見る
体験レッスン・無料事業セミナー 申し込み

スクール数・飛行場数・スクール規模 国内ドローンスクールで2017年度顧客満足度No.1

体験レッスン・無料事業セミナー 申し込み
お近くのスクールをご紹介します! お電話でのお問合せ 0120-106-008 営業時間:10:00~19:00 土日祝祭日除く