事業活用例

行方不明者の捜索・救助にドローンが活躍します。

行方不明者の捜索・救助にドローンが活躍します。

平和に見える私たちの生活ですが、なんと日本全国で年間8.1万人が行方不明になります。行方不明になる理由は、認知症患者の徘徊、若年層や女性の誘拐、仕事・人間関係の悩み、登山・水難事故、自然災害など様々です。
そのうち、保護される人を除くと、年間約2千人は行方不明のままです。
家族の一員が行方不明になると、残された家族の心配は計り知れず、また心の負担だけではなく、捜索にかかる多大な労力・費用も問題となっています。

さらに日本をはじめ先進国では、社会の高齢化が進むにつれ、老人の徘徊問題がクローズアップされています。
家族が傍について見守るのにも限界があり、高齢者の行方不明問題に真剣に向き合わなくてはなりません。

日本全国の年間行方不明者届出数:8.1万人

日本で徘徊・行方不明となる認知症患者:年間約1.3万人

いま、ドローンの力が必要とされています。

ドローンの活躍が期待される場面

  • 水難者の捜索・救助

  • 山岳遭難者の捜索・救助

  • 徘徊老人の見守り・捜索

ドローンスクール.netではこんな技術が学べます

行方不明者を捜索する最近技術を解説

行方不明者を捜索する最近技術を解説

ドローンを操り、広い範囲を映像で捜索することは勿論ですが、複数機での連携捜索や、遭難者からの信号(位置情報)を受信しての捜索、赤外線サーモグラフィー搭載機での捜索など、捜索・救助の現場では様々な専門知識が要求されます。
スクールでは、それらの専門知識を体系的に学べるため、すぐにでも活躍できるような実践的なスキルが身につきます。

人を迅速に発見する情報解析技術

人を迅速に発見する情報解析技術

捜索現場では、広い範囲を撮影し、そのうえで救助者を見つける映像解析技術も求められます。
スクールでは、ドローン本体の操縦技術だけではなく、こうした映像解析技術も同時に学ぶ事が出来ます。

おすすめのコースBUSINESS PRO COURSEビジネス・プロコース

産業用・中~大型ドローンの操縦技術に磨きをかけたい方のためのコース
人命の捜索・救助にあたれる高い撮技技術と解析技術を体系的に学び、
第一線で活躍するための究極の実技プログラムです。

コース詳細
コース・料金を見る
体験レッスン・無料事業セミナー 申し込み

スクール数・飛行場数・スクール規模 国内ドローンスクールで2017年度顧客満足度No.1

体験レッスン・無料事業セミナー 申し込み
お近くのスクールをご紹介します! お電話でのお問合せ 0120-106-008 営業時間:10:00~19:00 土日祝祭日除く